03-3373-0900 sd_seikei@seikei.co.jp

社長室の盗聴探査

調査No.000001 ・・・・(掲載 98.5.20)

○.社長室の盗聴探査

 突如、事務所の電話が鳴った・・・。
 電話の主は大手パチンコ機器メーカーの社長であった。
「”盗聴器が氾濫している”とのテレビを見て心配になった。一度、盗聴器の調査を行ってくれ!」
 気の短い早口の社長である。機嫌を損ねると大変と、すぐさま若い調査員1名を連れて社長の会社へ向かった・・・。
 都内某所の駅から約3分、新築の立派な10階建ての自社ビルである。
 入口の受付嬢に名前を告げると「お待ちしておりました」と丁重な対応で、エレベーターで社長室へ案内された。
 ドアをノックして木製の立派な扉を開けて中へ入る・・・。
 約80㎡(約25坪)以上ある広い社長室は、部屋の真ん中に黒色の革のゆったりとしたソファーがあり、回りには、大型テレビやオーディオ装置、冷蔵庫に観葉植物と居心地の良さそうな静かな部屋である・・・。
 思わず自分の住んでいる狭いアパートより広いのにたじろいでしまう。
 社長はニコニコしながら早口で「最近は同業他社との競争が激しくて」「テレビを見ていて念のため」と今回の依頼の目的を話し始めた。
 早速、私は若い調査員に盗聴探査機器で、一般的な盗聴の周波数の受信に取り掛からせた。
 静まり返った室内に「ザー」と言う無線特有の雑音が響き渡る中、サーチを続ける・・・。
 その時、室内の音に反応したハウリング音が入る。若い調査員と顔を見合わせ、間違いなく部屋の何処かに盗聴器が仕掛けられている事を確信した。
 社長にその事を伝えると、笑顔が一瞬引きつった様に歪んだ。
 次に私は室内の電気製品を一つ一つ別の探査機器で確認していった。
オーディオ機器、冷蔵庫、シュレッダー、コピー機、ファックス、コンセント、スイッチ・・・。反応が無い。
 しかし、書棚の上の空気清浄機を検査したとたん、検査器がけたたましく「ビー」と鳴り出した・・・。
 中を開けてみると黒く鈍く光った、まさしく盗聴機器が取り付けられていた。
 唇を震わした社長は、甲高い声で「あいつだ!」と叫んだ。
 私達は、素早く盗聴器を取り外し、社長に手渡し、今後は余り部屋を静かにせずに音楽を流すなどの盗聴防衛の為の注意を伝えて社長室を後にした。

 その後数週間して、社長からお礼の手紙と社内人事の移動の通知を貰った。
 手紙の最後には「人が信じられなくなった」と小さな字で書き添えられていた・・・。

※実際の調査を題材にしました。
 但し、地域名・団体名・氏名等は変えてあります。

初老の浮気相手

調査No.000002 ・・・・(掲載 98.5.20)

○.初老の浮気相手

 弁護士事務所から呼び出しを受けた。
 指定された時間に事務所へ訪問した。
 髪のやや白い眼鏡を掛けた品の良い60歳前後の女性が弁護士の脇に座り、緊張した顔付きで私を迎えた。
 まず弁護士から「こちらの女性の御主人の帰りが最近遅くなって心配している・・・」と説明が始まった。
 奥さんの話では「3年ほど前に大手の会社を定年退職して、神田に炉端焼き店を出した。夫は真面目な人で一生懸命仕事をしている。普段は自宅とお店の往復で真っ直ぐ家に帰ってくる。土曜日と日曜日はお店は休みで、今までは外出した事が無かったのに、最近友人に逢うとか囲碁に行くとか言って昼頃出掛けて、帰りが午前1時頃になることが多い・・・」
 私は早速今度の土曜日に尾行する事にした・・・。

 午前11時頃、恵比寿の高級住宅街の自宅前で張込みを開始した。
 お昼少し前に、奥さん(依頼者)に借りた写真よりやや太った身長165㎝前後の夫(被調査人)が外出をする。徒歩で恵比寿駅へ、切符を買って山手線を新宿方面へ向かった。
 大久保駅で降りて、改札付近で70歳前後の男性(老人)と挨拶をして立ち話を始める。
 暫く話した後に二人で切符を買って、再び山手線に乗り込んだ。
 車内では、楽しげに立ったまま話をしている。揺れる車内で時折、老人の肩にいたわる様に手をやっている。
 優しい雰囲気で古い友人の様に見受けられる。

 池袋を過ぎて上野駅で下車する。バスで浅草方面へ向かう。
 バスを降り、二人で浅草寺の境内をゆっくり歩き、久しぶりの再開を楽しんでいるかの様に見受けられる。
 どうやら依頼者の勘違いであったと私は内心”ホッ”とした気持ちで片手に持った小型カメラで記録写真を撮り続けた・・・。
 ところが、その後二人は花やしきから国際通り向かう細い道を急に右に曲がり、一軒の”ラブホテル”ヘ入った。
 入った所を見間違えたかと前後の店を覗くが、やはりラブホテル以外には考えられない・・・。
 私は直ちに追走している別の調査員に連絡して記録撮影の為、張込み用車両をホテル前の駐車場へ入れた・・・。
 ・・・待つこと丁度2時間、やはり二人は5~6mの間を開けてホテルを出てきた・・・。
 国際通りへ出ると再び二人は肩を並べて歩き始めた。
 その後、タクシーで上野駅へ向かい切符を買って改札付近で二人は別れた。
 70歳前後の老人を埼玉県浦和市まで尾行して自宅を確認した。

 私は事務所へ帰り、机に向かったまま報告書が書けずに呆然としていた・・・。
 間もなく、調査員がたった今現像されたばかりの写真を私に手渡した。
 その写真にはやはりホテルから出て来た二人が写っていた・・・。
 やっと持ったボールペンはやけに重く鉛のようだ。

 依頼者はいったいどんな顔でこれを読むのだろうか・・・。

※実際の調査を題材にしました。
 但し、地域名・団体名・氏名等は変えてあります。

自称右翼の男

調査No.000003 ・・・・(掲載 98.5.21)

○.自称右翼の男

 目黒区の旧家のご夫婦が顔色を変えて事務所へ相談に来た。
「25歳になる娘が右翼の男性と同棲している。将来財産相続で揉め事を起こしたくない。どんな男性か・・・」
 と、時折ため息交じりに重い口調で語り始めた。
 娘には2人の姉弟がいて、弟は銀行勤めで、姉は公務員である。
 その姉が最近、銀行員と見合いをして結婚まじかという。
 姉も両親も「この事が先方に知れたら婚約が取り消されてしまう・・・」と心配している。

 早速調査に取り掛かる。
 男は静岡県出身で身長165㎝、痩せ型でドス黒い顔立ち、不精髭の42歳、自称”右翼”を名乗っている。
 確かに過去に東北方面の暴力団に所属して”顧問”と称していた。
 その組の組長との写真にもその男は写っている。
 しかし、その組とは2年程前に拳銃密売事件で男が警察に情報を漏らした事が原因で絶縁状態になっている。
 その後東京の練馬区へ移り、右翼を名乗り日の丸を掲げ、日本刀をちらつかせて”弱いものを守る”と一匹狼的な立場で活動を始めた。
 過去に恐喝事件、銃刀法違反、傷害事件等合計13回も警察のご厄介になっている。
 又、”薬をやっている”との情報も聞かれ一般人ならまず近づかない人物である。
 離婚歴もあり、3人の子供は先妻が育てている。もちろん養育費は渡していない。
 郷里の静岡でも鼻つまみ者で、「たまに帰って来てもタクシーの代金は踏み倒す、畑は勝手に売り払う、家の物は持ち出す・・・」 と年老いた両親と兄は迷惑顔で話す。
 一通りの調査を終えて、なぜ素人の娘がこんな男と親しくなったのか不思議に思いながら報告書をまとめた。

 約2週間後に報告書を届けに依頼者の目黒の自宅を訪れる。
 広い応接室で調査経過の説明をしながら、報告書を両親に手渡すと、母親は予想していたのか、余り驚きもせず、
「今回のことで、私は最近食欲もなく、気が重くて病院通いをしている」
 と弱々しい声である。確かに2週間前と比べて顔色が良くない。
 頬も痩せてやつれた様子がハッキリとわかる。
 父親も病気がちなのか時折「ゴホン、ゴホン」と咳をしながら頷いている。
両親の「何とか娘に男と別れるように説得したが、一向に聞き入れない」と困り果てた様子に、つい余計に、
「もし良ければ私が話してみましょうか。第三者の私なら、素直に聞いてくれるかも知れません」と、口をついて出てしまった。
 母親は目を輝かして「そうして頂けますか」と救いを求めるかのように身を乗り出した。
 気は重いが乗り掛かった船とばかりに、私は渋谷区にある、娘の勤め先のブティックへ出掛け、夕方の退社時間頃に店の前で待ち構えた。
 同僚と店を出て駅付近で別れた娘に後ろから声を掛ける。一瞬驚いた顔付きが直ぐに平静になる。娘は170㎝の長身で、気の強い感じの顔立ちである。
 近くの喫茶店へ誘い、両親の気持ちや男の素性の話をした。
 娘は「私が男から聞いている話と違う」と首を傾げながら唇を少し噛む仕草をする。
 1時間程話をして「考えてみます」と立ち上がった娘の後姿を見送りながら「うまく行くように・・・」と祈った。

 それから1ヶ月程したある日、目黒の母親から手紙が届いた。
 内容は、「娘が男と話をして別れる決心がついた。多少の手切れ金が掛かったが無事別れられそうだ。姉の結婚式の日取りも決まり、ホットしている。」と明るい文面であった。
 読み終わった後に私は娘と話をしてみて本当に良かったと思いながら、もし娘が男の素性を知らずに結婚していたらと思うと・・・

 真実を知る事の必要性を感じた・・・。

 —–PS.毎年ご夫婦から、「その節は本当にお世話になりました・・・」といった内容の年賀状が送られて来るたびにこの調査を思い出します。お幸せに。—–

※実際の調査を題材にしました。
 但し、地域名・団体名・氏名等は変えてあります。

退職した元役員の動向

調査No.000004 ・・・・(掲載 98.6.2)

○.退職した元役員の動向

 大手コンピュータソフト会社の総務部長から電話が入った。
 いつもの明るい声ではなく、低い声で「相談したい事がある」と周りを憚っている様子。
 早速新橋駅近くの会社へ急行した。 会社入口の受付で、総務部長は立ったまま、タバコをくわえて待ち構えていた。
 灰皿にタバコを押しつけながら「ここではまずい・・・」と駅前の喫茶店へ移動する。
 店内に座ると、周りをキョロキョロと見回し、知り合いが居ないことを確かめてから禿げ上がった大きな顔を近づけて、
「昨年の秋に会社の役員が一人辞めた。その後に若い社員が次々と 辞めている。どこかで新しい会社を始めているのか、又は同業他社へ勤めているのか調べてくれ・・・」 と話し始めた・・・。

 翌日の早朝6時から、元役員のマンション前で若い調査員2名と 共に張込みを開始する。
 建物はオートロック式のマンションで中へ入れないため、玄関付近で人の出入りを観察しながら元役員が出てくるのをじっと待つ。
 7時、8時、9時と一向に出てくる気配が無い。10時迄待った が、やはり出てこない・・・。
 ゴルフ会員権業者を装って電話を掛けてみる。電話に出たのは若い感じの奥さんであった。
「○○ゴルフサービスです。ご主人様はいらっしゃいますか?」
「出張していまして、来週帰ってまいります・・・」
 残念ながら不在だった・・・。

 日を改めて翌週に再度調査を行った。 今回も早朝6時から張込みを開始する。
 今度は9時少し過ぎに玄関を出てくる元役員を確認して直ちに尾行を開始する。
 徒歩で駅へ向かい、定期券で改札を通過、ラッシュのピークを少し過ぎた車内で吊り革につかまって新聞を読む。
 30分程電車に揺られ、品川駅で下車、ゆっくりとした足取りで5分程歩き、広い道路に面した7階建てのビルに入る。
 エレベーターに乗り込み4階で降りる。401号室と書かれた鉄の扉を自分で鍵を開けて中に入る。
 その玄関扉にはボールペンで小さく社名が書いてある。早速、登記所へ直行して会社謄本を調査する。
 その結果、2ヶ月程前に設立登記したばかりの新しい会社で、役員には元役員他に辞めた数名の社員の名前が連なり、営業目的も元の会社と同じ内容となっていた。
 やはり元の部下を引き抜いて会社を作っていたのであった・・・。

 これらの退社独立に関する調査はよくある依頼である。昔の日本人は儀礼を尽くして、のれん分け等の円満退社を心掛けたが、現代の社会では人を裏切って独立しても、その情報が正しく伝わらないために平気で社員の引き抜きや裏切り行為がおこなわれる。
 そういえば数年前にテレビのCMで 「職業選択の自由アハハーン・・・・・」 と浮かれていた時代があった。
 この頃から日本人にモラルは無くなった・・・。
 悪い世の中になればなるほど調査は必要になる・・・。

※実際の調査を題材にしました。
 但し、地域名・団体名・氏名等は変えてあります。

らくがきの女

調査No.000005 ・・・・(掲載 98.6.8)

○.らくがきの女

「弁護士からの紹介で来ました」と50歳位の眼鏡を掛け、背広姿のサラリーマン風の男性が相談に来た。
 言いにくそうにポツリポツリと話し始めた。
「前に付き合っていた女性が嫌がらせで会社の前の道路に落書きをする」
「私はその落書きを毎日早朝に、自転車で見回って消している」
「最初は白墨だったが最近は油性の物で書くので中々消えない」
「警察に相談したが証拠が無ければ駄目だと言われた」
「女性にお金を払うと申し出たが”馬鹿にするな”と突き返された」
 と悩みを打ち明けはじめた。
 弁護士も「決定的な証拠がないと、相手の女性を拘束できないから調査会社に証拠を掴んで貰いなさい」
 と当社に来た理由を語った。

 午後10時、夜間用のカメラを用意して、張込み車両2台と調査員4名で八王子の現地へ到着。
 調査員1名は女性の自宅を張り込み、動きがあれば連絡する準備を行う。
 残りの調査員3名は、事前情報で比較的落書きされそうな場所を2ヵ所に絞り、草むらに隠れて待機する。
 午前0時少し過ぎ、女性宅で張り込んでいた調査員から
「女が軽自動車に乗り込んで自宅を出ました・・・」
 と携帯電話で連絡が入った。
・・・待つこと約15分、女の軽自動車が信号を曲がって我々が待ち構えている目の前を右から左方向へゆっくりと通過する。
 下見している様子。
 200m程先まで行ってUターンして、こちらに向いて軽自動車のライトを消す。・・・警戒しているのか。
 我々は草むらの中でじっとして、女の軽自動車を睨み付ける。
 ライトがついて、軽自動車が走り出す。我々の前を猛スピードで通過して信号を曲がってゆく・・・。
 素早く調査員1名が車で尾行をする。残った調査員が、女の車の停まっていた路上へ駆け寄ると、路面に白色の文字で
「○○課の○○課長は女狂い」「○○課長は強姦魔」
 と書かれている。
「しまった!・・・・・」と路面の文字を水と束子で消そうとするが中々消えない。一筋縄では行かない相手である。
 こうして初日の調査は見事に女に裏をかかれて完敗となった・・。

 翌日は調査員を6名に増やし、張込み個所を多くして万全の態勢で待ち構えた。
 予想どおり午前0時過ぎに女は軽自動車で動き出した。
 会社の駐車場にゆっくりと近づき車の中から敷地の中を覗く。
 建物の影に隠れた調査員と無線で連絡を取りながらカメラのシャッターチャンスを待つ・・・。

・・・・・今日の事前の打ち合わせで依頼者とも連絡を取り、
「通常のカメラ・ビデオ類での撮影は暗すぎて無理、暗視カメラでは本人の特定が難しい・・・」
 ので、女の軽自動車のライトが消えたら調査員『全員』のカメラでフラッシュ撮影をする強行策を予定していた・・・・・。

 一旦会社の駐車場を通り過ぎた女の軽自動車は再び戻ってきて敷地の中に素早く入り込む。・・・ライトが消えた・・・。
 調査員全員に『今だ!』と連絡する。草むらから、建物の影から、隠れていた調査員が車を取り囲み、
 駐車場の路面にしゃがみこんでいる女にパシャ、パシャとフラッシュ撮影を行った・・・。
 驚いた女は軽自動車に乗り込み、急発進して逃げるように走り去る。
 駐車場の路面には「○○は女の敵だ・・・」と白色の文字で書かれている。
 路面も証拠の記録として写真に収め、今回の調査を無事終了した・・・・・。

 後日弁護士から○○警察署へ女への告訴状が出される。
 その後、今回の調査報告書の説明で○○警察署へ訪れる。
 担当の刑事に調査方法と調査経過を説明する・・・。
 報告書を読んでいた刑事の手が止まる。フラッシュに浮かび上がった女の写真を見てポツリと
 「女は恐い・・・・・」

※実際の調査を題材にしました。
 但し、地域名・団体名・氏名等は変えてあります。